星乃トラコは眠りたい。

小説を書いて一発当てて犬を飼って寝て暮らす。それがわたしの最終目標。

あかん

調べてみたら、体重が、3kgぐらい落ちている。

 

先々月の連休で久々に実家に帰り、イヌと戯れ、おいしいものを食べ、やりたい放題やってみたら体重が55kgを超えた。ちなみに身長は150cm前半台で下腹がやばく、ぽっちゃりを通り越して妊婦に見える。見知らぬ人に妊婦と間違われたこともある。

体重計に乗ったとき、あちゃー。と思った。痩せなきゃなー。と思った。それは覚えている。

その連休の翌日、久々に買い物でも、と仕事帰りに某所某店に行き、お高いお値段がセールでほんのちょっぴり下がっていた素敵なワンピールを発見、試着。

したら、まーハラはきついわ脇肉がはみ出るわ背中がパツパツすぎてファスナーを上げるのに一苦労(どころか二苦労も三苦労もしたかも)というありさまで、見苦しいことこの上ない。

しかしあまりにも素敵なワンピースだったので、「これから痩せて着る」という「将来への投資」めかした無駄遣いをぶっこき、自己満足にホクホクしながら帰宅したのであった。

 

そのワンピースをこの前気まぐれに着てみたらすとんと着れた。

腹肉はやはり突き出て見えるが、脇肉は消えファスナーもすすっと上がった。

姿見に映った姿は、ハラが出ているのか元々こういうふんわりシルエットなのかギリギリ判別不可能といったていで、かたちとしてはまあまあきれいだった。

わお、やった。着れるじゃん。ラッキー。と一瞬だけ思ってしまったことを告白しておく。

まこと、女の業とは深いものである。

 

一瞬喜んだものの、おかしい、とすぐに思った。ハラはともかくあの脇肉が消えてファスナーが閉まるのは絶対におかしい。あんなにキツキツだったのに。まさか知らないうちにどこか破いたんじゃあるまいか。くっそふざけんな一体いくらしたと思ってるんだ。

そう思ってワンピースをくまなく調べた。しかしどこにも異常は見つからなかった。

首を傾げながらとにかくそのワンピースを着、出勤して着替えて仕事して着替えて帰宅した夕方、ふと思いついて体重計に乗ってみた。

そうしたら体重が3kgくらい落ちていた。

 

ああ、やはり錯覚ではなかったのだな、実在していたのだ、と思った。

袖なしワンピースからハミた脇肉の話である。あと上げるのに四苦八苦したファスナーの窮屈さ。

そして恐怖で一気に血の気が引いた。何故なら私はこの日に至るまでに痩せるための運動等を一切やっていない。そして私の肉体から3kgものゼイ肉を落っことすには、過去の経験から言って「何もやっていない」などあり得ない。事実ハラは引っ込んでいない。つまりこれは余分な肉が落ちたのではない、落としてはいけない何かが落ちたという痩せ方だったということだ。

 どこから何が落ちたのか。それが問題だ。つーか怖すぎる。